Blog&column
ブログ・コラム

増築する際の費用について

query_builder 2021/05/01
コラム
money_coin_yen_loose_change_cash_metal_silver_metal_washer-813722
増築は既にあるの建物から面積を広げて床面積を広げますが、増築といってもさまざまなパターンがあるので費用にも差が出てきます。

▼増築する場所で費用は異なる
増築する場所で費用は変わります。場所別でご紹介します。
■洋室や和室など
木造と鉄骨で費用は異なり鉄骨の方が高くなります。1階か2階かでも補強などで変わってくるので1階の方が費用を抑えることができます。
和室の場合は、畳や壁など和のテイストの内装に仕上げる費用もプラスされます。
トイレや浴槽などの水回り
水回りを2階に増築する場合、給水工事と排水用配管工事、防水工事などの費用がかかるため高くなります。
■バルコニーやベランダ
使う素材や種類、柱の有無によって費用が異なります。
▼申請費用がかかる
10㎡以上の増築には「確認申請」といって、増築時に行政に対して増築の許可を得るための申請が必要になります。
確認申請費用・中間検査申請費用・完了検査申請費用と3段階で申請費用がかかります。
10㎡以下の増築で建物所在地が無指定地域にある場合は申請の必要がないので申請費用はかかりません。
確認申請は、施工してもらうリフォーム会社や建築士に代行してもらうことになります。
▼リフォーム費用を抑えるためには
費用は少しでも抑えたいですよね。そのためにはポイントをおさえて増築する計画をたてましょう。
水回りの工事
水回りの工事は配管工事などで高くなるので、配管距離を短くしたり今ある水回りから離れすぎないようにしましょう。
■増築する場所
増築する場所が1階か2階でも変わってきます。1階に増築できるのであれば1階に増築することで費用を抑えることができます。
■業者選び
業者によって工事費用は異なるので、複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。
リフォームや増築の施工実績も豊富な工務店やリフォーム会社に依頼するのがおすすめです。

増築する際にかかる費用は場所や水回りなどによっても異なります。
予算に応じてリフォーム会社に見積もりを出してもらったり、費用について相談することをおすすめします。

NEW

  • 謹賀新年

    query_builder 2021/01/05
  • 地元のバスケットチームを応援!!

    query_builder 2020/11/29
  • フェンス完成

    query_builder 2020/11/21
  • 水盛り遣り方

    query_builder 2020/10/10

CATEGORY

ARCHIVE