Blog&column
ブログ・コラム

エクステリアの水栓を立水栓に変えたい時はどうればいいの?

query_builder 2020/08/08
コラム
background_clean_connection_connector_dingy_drip_dripping_drop-819348
「立水栓を簡単にDIYできる方法が知りたい」
「水栓を立水栓に変えたいけど、選び方がよく分からない」
と悩んでいませんか?
エクステリアに欠かせないアイテムでもある水栓ですが、ガーデニングや洗車などで水を使う機会が多い方なら、作業しやすい立水栓が便利ですよね。
そこで、好みのデザインの立水栓にDIYできる方法や選び方をご紹介します。

▼立水栓の選び方
立水栓(りっすいせん)には、業者の施工が必要な「施工タイプ」と、既にある水栓の上から被せて使用する「カバータイプ」とがあります。
このうちのカバータイプがDIYでできる範囲となります。

■施工タイプで自分好みに
立水栓は主に業者による施工が必要なタイプが一般的です。
地中に埋まっているタイプの散水栓を立水栓に交換したり、立水栓の建て替えが可能です。
使用目的やエクステリアの好みに合わせて自由に選べるのが魅力です。

■カバータイプで手軽にDIY
既にお庭にある水栓の上から被せて使用することによって、散水栓を立水栓にしたり、立水栓のデザインを新しく変えることができるのがカバータイプです。
DIYで簡単に設置でき、施工タイプに比べて費用が抑えられるのが1番のメリットです。

▼立水栓を用途で選ぶ時のポイント
立水栓を購入する際は、どんな用途で使用するのか、その目的に合わせて選ぶのがおすすめです。

■ガーデニング
設置場所が土の上やその近くの場合は、水浸しにならないように、給水パン(立水栓の下に敷く受け皿)があるものを選びましょう。
ホースをつけっぱなしにできる補助蛇口付きのものだとより使い勝手がよくておすすめです。

■車やバイクの洗車
ホースを使用すると思うので、補助蛇口付きのものを選びましょう。
メイン蛇口と補助蛇口を手洗い用とホース用とで使い分けることができて便利ですよ。

■散歩帰りのペットの足洗い
パンと言われる受け皿が大きめのものを選ぶとペットの体が洗いやすいのでおすすめです。
さらにシャワー形状の蛇口だとより便利です。

立水栓をDIYしたい場合はデザインだけでなく、用途に合わせたポイントもしっかり押さえて選んでみてくださいね。
自分好みで使い勝手の良い水栓で素敵なエクステリアが実現できますよ。

NEW

  • 謹賀新年

    query_builder 2021/01/05
  • 地元のバスケットチームを応援!!

    query_builder 2020/11/29
  • フェンス完成

    query_builder 2020/11/21
  • 水盛り遣り方

    query_builder 2020/10/10

CATEGORY

ARCHIVE